ビジュアルディレクション

デザイナーの責任は制作物のビジュアル面全般いお呼びます。印刷された状態の仕上がりももちろんですが、その制作過程も基本的にはデザイナーが管理して進めることが殆どです。カメラマンやイラストレーターとの共同作業、レタッチャーへお指示等を全て含め、ボジィアルディレクションと呼びます。

一昔前までのデザイナーはディレクションといってもせいぜいカメラマンやイラストレーター、スタイリストとの共同作業に主体となって関わる程度で済んでいました。しかし今は、3DCGや画像合成、レタッチワーク、ウェブや動画との連携など、従来のビジュアルディレクションでは収まりきらない手法や技術の知識が必要になってきています。

工業製品など、CADdジェータがすでにある商品の広告の場合、その製品を撮影して使用するよりも、CADデータを読み込んで3DCGを作成したほうがやすう上がるケースが増えています。3DCGはそのままだと写真位比べて見劣りしてしまいますが、レタッッチを施すことで、実写と見分けがつかないレベルに引き上げることが可能になります。

TVCMやウェブとの連動がある広告ビジュアルについては、まずグラフィック用の素材を作成し、そのデータをCMやウェブに書き出すことでやはりコストカットが図れます。規模の大きな仕事だけでなく、予算のない小さい仕事ほど予算のやりくりは大切です。

いずれの場合も、新しい技術やその活用法については、デザイナーも常にアンテナを張り巡らせておく必要がある都いうことが言えるです。

主体となって関わる・・・・・基本的にカメラマンやイラストレーターの手配やラフの作成、仕上がりの確認などはデザイナーの仕事です。ADがこれをやることもあります

レタッチを施す・・・・・今や広告だけでなく、雑誌のグラビアページにもレタッチャーの手がくわわることが当たり前になってきています。レタッチはPhotoshopを使って写真を美しく、見栄え良く仕上げる仕事で、腕のいいレタッチャーからやすさとスピードを売りにする人まで様々です。

CM用やウェブ用に書き出す・・・・・動画もウェブもグラフィックほどの高解像度は必要ありません。なので、基本はグラフィック用の素材を動画やウェブ用に流用でき亜mす。しかし動画ならあらかじめ動画として撮影しておく必要がありますし、ウェブ用ならその使われ方やサイズなども確認しておかなければなりません。

ベーシックセオリー「立会い」・・・・・写真撮影やレタッチワークはその道のプロにやってもらうのが普通です。撮影の場合は、スタジをやロケ地で、レタッチの場合はそのお会社の専門スペースで、立会いと呼ばれる確認作業を行います。デザインなーだけでなく、クライアントも同席する場合もあります。通常はOKが出るまでこの立会い作業が続きます。

ロゴマーク・・・・・企業や団体がそのシンボルとして作成するのがロゴマークです。これに対し、社名や団体名を読みやすうくみ泡wせたものはロゴタイプと呼ばれます。ロゴマークやロゴタイプのデザインには専門のCIデザイナーが携わることが多い様です。

同じ色が再現・・・・・モニタの表示色はRGB印刷物の表示色はCMYKで構成されています。色の表示方式が異なるため、全く同じ色の再現をすることは不可能です。しかし、色の選び方によっては同じに見える色に調節することはできます

アナログ感・・・・・シャープな線のデザイタル色の強いデザインですが、この作品の様にわずかにアナログ案を加えることで、見たひとに引っかかりを感じさせることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です