生活用品紹介チラシフライヤー

  • 生活用品紹介フライヤー

製品をしっかり見せる

製品を宣伝するチラシフライヤーのチラシレイアウトのポイントは製品をきちんと見せることです。どのような製品なのか、形や色なども含めてしっかりと伝えます。昨日が売りであれば、それらについてもビジュアルなどを用いて分かりやすく伝えましょう。

特に製品お良さや魅力は強調して表現します。だからと言ってそれらを目立たせるために爆弾まー雨や派手な色彩を使うのは安易です。製品が引き立つ紙面の構造を考えて、製品がほしい、てにしたいと思わせるような注目の集め方が反則フライヤーに求められます。この場合は、製品のシンプルでスタイリッシュな形状や素材感を見栄え良く伝えると良いでしょう。それにはホワイトスペースを生かしたレイアウトが向いています。背景は白で、製品とのモノトーンな紙面にし、色のしようも控えて洗練された印象に仕上げます。この製品を交友するとスタイリッシュな生活を送れることを見る人に印象付けます。

  • 製品写真と二つのコピーの関係

メインコピーは製品の特徴をシンプルに分かりやすく伝えます。製品写真のそばに配置すればマグの形状とコピーがひとかたまりで目に入るため、認識しやすくなります。ボディコピーはメインコピーと図を補う役割を担っています。製品の興味を喚起して詳しい昨日を知りたいと思わせるよう、メインコピーより小さな文字サイズにして少し離れた場所に配置にします。

メインコピーとボディコピーの読む順序が逆にならないように視線を誘導するのがポイントです。ボディコピーはメインコピーより目立ちぎず、しかし、読み飛ばされないようにバランスを調整します。

メインコピーと写真、さらに続く昨日説明へと視線と興味を誘導するサイズと配置にします。またしようする書体は装飾がないシンプルな物を選び、製品を引き立たせます。線に抑揚がないゴシック系の細い書体を中心に使うと、トレンドを押さえたスタイリッシュな印象が強まります。

  • 2つの見出しと説明部分のレイアウト

大見出しと小見出し、説明図版や文章との組み合わせにも気をくばります。また、説明の順番も製品をしようした時の時間軸に合わせて配置します。

見出し、説明文、関連する写真や図版を常にセットにすると、レイアウトがスムーズに行えます。セットにするときは、金節と遠隔の法則を使います。二つの見出しと説明文、写真は近くに配置します。話して配置すると、関係性が弱まるので、他のセットと距離を開けると、隔たりを感じて自然に別のセットとして認識されます。

同じ階層の見出しは同フォント、同サイズに揃えて読みやすくし、複雑な情報でもスムーズに伝わるように整理して配置します。さらにしよう時の状態の変化がわかるよう、時間軸に沿って説明を順番に並べます。消費者がしようした場合を想像しやすくなります。製品の価値や生活の利便性が実感できるため、購入意欲に強く働きかける紙面になります。

生活用品紹介チラシフライヤー” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です